おすすめリンク

早めに考えよう!事業承継

後継者がいなくて閉店、という店も実際にあります。早めに考えたい事業承継について考えてみましょう。

知識が武器の税理士

その分野に詳しい人でなければ、税理士と聞いても何をしている人なのかあまりピンとこないのではないでしょうか。 会社経営や個人事業主になった人にとって、頼もしい味方になってくれる専門家です。 自分に合う税理士を探す前に、まずは基本情報を整理しておきましょう。

任せておけば確実

あなたは税金についてどれくらい知っていますか。
とても複雑なこの国の税の法律や税に関する事務的な処理は、片手間にできるものではありません。
どこに何の税金をどれだけ払うのか、正しく計算して申告をしなければ、多く納税することで無駄になってしまったり、足りなければ罰金ということもあります。
仕事をしている人、会社を経営している人は税金を納めるのが義務になっていますから、誰も避けて通ることができないものです。
金額や取引が小さい場合は自分で申告することもできますが、仕事に集中できませんよね。
煩わしいそうした税務一切をお願いできるのが税理士です。
税理士は国家資格で、しかもとても難しい試験です。
内容もさることながら、勉強しなければいけない量がとても多く、また、試験自体も年に一回しか実施されません。
その上合格率は平均で15%程、また、合格までにかかる時間も2~3年では済まないことがざらですから、この狭き門を潜り抜けてきた税理士は税のスペシャリストとなるわけです。
専門知識が要求される税理士ですが、経験によって法人が得意、個人の細かい税務のケアができるなど、それぞれで違ってきます。
自分が必要としている税理士は、どんな人でしょうか。
忙しいのでその一切を任せたいのか、アドバイスが欲しいのか、最低限の依頼で済むのかなど、ニーズによってふさわしい税理士も変わってきますよね。
何を決め手にすればいいか、どう選べばいいのかを考えてみましょう。

好きな人にお願いする

税理士を選ぶとき、一番大切にしたいのがどんな人なのかというところです。 この人ならお願いしたい、頼りにできそうという人は、どんな人でしょうか。 経験は勿論ですが、人としても長く付き合っていけそうな人を選べれば、長期的に経営に安心感が得られます。

ケースバイケース

どんな会社でも全く処理内容が同じという事はまずありません。 ほとんど似ている会社での経験があったとしても、どこまでを税理士にお願いするかによって業務内容は全然違ってきます。 関係性によってお任せする業務を多くしたり、より効率的な方法を相談したりと、一番ベストな関係を作っていきましょう。

△ ページTOPへ