好きな人にお願いする

相性や印象は大切な選択基準

仕事上の関係だろうが、家族や友人だろうが、相性の良い人と悪い人っていますよね。
コミュニケーションを取ると考えるだけで不安になったり、気が進まないといった関係の人には、お願いしたくないものです。
また、偉そうな態度だったり、逆にやる気がないように見えたりと、そういった人に自分の仕事、特にお金に関係する部分をお願いしたいと思うでしょうか。
時には経営について、税金対策について、相談してアドバイスをもらったりするわけですから、きっちりと責任を持って仕事をしてくれる、信頼できる人が良いですよね。
そんなところで人間関係に悩む時間は、経営者にはありません。
任せられる人が選べなければ、労力とコストの無駄になると心得ましょう。

経験者に任せれば安心

例えば、その業界の会社の実務経験があったり、様々なケースに対応してきた経験を持っているなど、すぐに頼りになる頼もしい税理士がいれば、お願いしたくなりますよね。
税理士になりたて、実績が乏しいといった人にお願いするのは、なかなか勇気がいるものです。
また、ベテランと呼ばれる人は、ある程度歳を重ねています。
あまりお年寄りだとちょっと心配ですが、40代・50代あたりが理想的でしょうか。
当然経験もそれだけあるわけですから、一番安心してお願いができますね。
同じ年齢でも、ちょっと見る角度を変えて、自分と同世代の税理士さんを選ぶのも一つです。
価値観や知識などは近いものがあると思いますから、相性が合えばとても頼りになるパートナーになるのではないでしょうか。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ