ケースバイケース

税理士に何をお願いするか

税に関することはほぼお願いできますが、会計業務をお願いすることもできるのが税理士に依頼する良いところです。
俗に記帳代行と呼ばれるもので、収支を帳簿に記入していく仕事です。
転記する時点でのミスや、計算、仕訳項目の相違などは、直接会社の数字に影響してきますから、慎重に行う必要があります。
経理担当者が記帳したものを税理士がチェックする業務がありますが、記帳から税理士に依頼してしまえば、正確性は効率的に担保されるわけです。
記帳代行については、件数に応じて依頼金額が変わってきます。
場合によっては時間や手間をお金で買って、正確性も合わせて手に入るため、依頼するほうがお得になることもあります。
お願いすることが増えれば、比例して料金もかかりますので、よく吟味することが必要です。

事業の規模に応じて

自分の会社や事業の大きさや、お願いしたい業務によって、最適な税理士は違ってきます。
自分の事業について、まずはしっかりと分析・把握してみましょう。
その上で、税務業務や会計業務について、任せたいところと自分でできそうなところを項目ごとに振り分けていきます。
絶対に譲れない条件と、ある程度妥協できる点の境目を決めて、税理士を選びましょう。
前述のとおり、税理士ではなく会計士や監査法人を選択したほうがメリットが多い場合もありますので、決めつけるのではなく、様々な可能性を考えてみることをお勧めします。
事業の拡大と共に、税理士とのお付き合いも長く良い関係でいたいですから、妥協しないで良い税理士と巡り合えるように頑張りましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ